ひろゆき氏“ベビーカーを畳め!”と怒鳴られた際の対処法を伝授「不毛な言い争いにならなくて済む」

実業家の “ひろゆき “こと西村博之氏(45)が13日、自身のツイッターを更新。公共交通機関でベビーカーを畳むように言われたときの対処法を明かした。
 事の発端は、作家の小野不由美さんが7月28日に投稿したツイート。彼女は「5人しか乗っていない空いているバスに、ベビーカーを特等席に縛り付けて乗っていたら、男の人に『邪魔だ!』と言われた。畳めよ、この豚野郎!」と言われ、ベビーカーを蹴られた。国土交通省がベビーカーは折りたたむ必要がないとルール化したので、明日からまた強い気持ちでバスに乗ります」と理不尽な体験を明かし、ネット上で話題となった。
 この件に関して、ひろゆきは「『ベビーカーを畳め』なんて言うキチガイは絶対にまともにはならない。キチガイが指摘やアドバイスで治るなら、もう治っているはず。キチガイが現れたら『ベビーカーを畳む必要はないと思う』と発言するまともな人が増えれば、社会のためになると思う」と投稿した。
 一般ユーザーからは「今度こういう人に出会ったら、『何かお困りですか……』と聞いてみてください。と言ってみようと思ったのですが、『ベビーカーを畳まなければ大丈夫だと思います。怒られるかな?” という返信が届くと、ひろゆきさんは「複数人で発言すれば、反撃される可能性は低くなりますよ」と回答。ベビーカーを畳むかどうかは運転手が決めるべき。あなたが決めることではありません』。運転手に聞くように促せば、不毛な議論の当事者にならずに済みます。