インビザラインとキレイラインの失敗例はどこで分かれる?

失敗例2:矯正期間が短すぎる インビザラインの矯正治療は、マウスピースの装着時間を延長する前に終了している必要があります。

キレイラインの口コミが一発で分かるのはこちらの記事がおすすめですね。

矯正治療からマウスピース装着までの期間が長ければ長いほど、歯列矯正による歯の移動が妨げられる可能性が高くなります。歯が摩耗しすぎて歯の移動ができなければ、歯ぎしりが続くことになります。歯がうまく動かなければ、やがて歯が抜けてしまうこともあります。過度の歯ぎしり歯が適切に移動されない場合、最終的に歯が失われる可能性があります。マウスピースを長時間装着した状態で歯が摩耗すると、過度の歯ぎしりが起こることがあります。歯ぎしりや歯ぎしりによって、歯が正常な位置から外れてしまうことがあります。歯の顎を適切に締め付けることができない不具合
失敗例3:矯正治療が長すぎる 矯正治療期間が推奨期間より長く続くと、歯が摩耗しすぎてしまいます。マウスピースの装着時間を延長する前に、歯が摩耗しすぎてしまう。歯の顎の締め付けがうまくいかない失敗例
失敗例4:矯正治療が短すぎる インビザライン矯正治療は、マウスピースの装着時間を延長する前に終了させる必要があります。矯正治療からマウスピース装着までの期間が長ければ長いほど、歯列が歯の移動を防げなくなる可能性が高くなります。歯が摩耗しすぎて歯の移動ができなければ、歯ぎしりが続くことになります。歯がうまく動かなければ、やがて歯が抜けてしまうこともあります。過度の歯ぎしり歯が適切に移動されない場合、最終的に歯が失われる可能性があります。マウスピースを長時間装着した状態で歯が摩耗すると、過度の歯ぎしりが起こることがあります。歯ぎしりや歯ぎしりによって、歯が正常な位置から外れてしまうことがあります。歯牙の顎を適切に締め付けることができない不具合
失敗例5:矯正治療が長すぎる 最初の治療が終わらないうちに、マウスピースの装着時間を長くしてしまう。矯正治療からマウスピース装着までの期間が長ければ長いほど、歯列矯正による歯の移動は起こりにくくなります。歯が摩耗しすぎて歯の移動ができなければ、歯ぎしりが続くことになります。歯がうまく動かなければ、いずれ歯が抜けてしまうかもしれません