デヴィ夫人(82歳)「死神はハイヒールで蹴飛ばす気でいますわよ」

前回2011年10月号以来、11年ぶりの登場です。30年前のドレスを着て、ウエストをキュッと引き締め、足元には10cmのピンヒールをつけていました。亡くなってもなお輝き続けるデヴィ・スカルノ夫人の驚異的な美しさとバイタリティの秘密は、「自分に限界を作らず、常に挑戦し続けること」だという。
彼女の目標は、108歳まで生きること。たとえ死神が来ても、ハイヒールで蹴散らしてやるわ」。
出典 美ST
のデヴィ・スカルノさん(82歳)にお話を伺いました……。
私は気に入ったジュエリーがあると、いつも『自分以外の世界の誰にもつけさせないぞ』と思いながら、すぐに買ってしまうんです。今日もブレスレットのサファイア以外は、すべてタンザナイト。芦田淳さんのネイビーのドレスに合わせている。
プロフィール
1940年、東京生まれ。1959年、インドネシアのスカルノ大統領と結婚。政変のため、1970年に娘とパリに亡命。社交界では「東洋の真珠」と呼ばれる。夫の死後は、パリとインドネシアでビジネスに専念。1991年にニューヨークに移り、60歳で日本に移住し、テレビに出演する一方、講演やチャリティー活動も行っている。Instagram @dewisukarno
美容と健康のために、間違ったことばかりしています。まず、大酒を飲みます。昨夜のディナーパーティーでシャンパンを何本空けたかわからないほど。深夜に帰宅し、アクセサリーを外して顔を洗い、午前2時に寝ました。今朝は7時に目が覚めたから、5時間しか寝ていない。もう何十年も、毎晩、毎日、寝不足が続いている。私には耐えられないほどの悩みがある。それでも82歳の私が元気でいられるのは、ひとえに私の精神のおかげだと思っています。
私は美しいものが大好きです。音楽会、宝石、美しい風景、絵画……。私の友人は美しい人たちばかりです。私はたくさんの美しいものに触れながら生活しています。1日に10回は感動しています。感動することは、難しいことではありません。テーブルの上の花が美しくてもいいんです。周りを見渡して、美しいアートや窓から見える木々や植物を見てください。…… 感動するものがたくさんあるはずです。
多くの人は毎日を生きていると思いますが、私は毎日を生きているのです。その違いがわかりますか?