今年中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうな…

今から転職活動を考えている人で、次の仕事をする前に期間があるのなら、…

近いうちに転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、忘れずに「失業手当」をもらっておきましょう。あなたが働いている会社できちんと雇用保険を払っているところであれば、申請をすれば必ず誰しも失業手当を受け取れます。また、手続きは「ハローワーク」で行います。しかし自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、勤めている企業の都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。ちなみに、もらえる「失業手当」の金額については、最後となる月の近々の給料を基に支給する額を計算するのでもし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

転職活動をするとき、いろんな手段で情報を集めることが多いと思いますが・・

転職活動を行う際、いろんな手段で情報を収集することが多いと思いますが、転職系の口コミサイトはぜひとも利用すべきです。以前、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからという理由で、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせでそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、違った視点から見れば、書き込みの内容が嘘であれば、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。とはいっても、現実は『クロ』で「このままではマズイと思い、急いで火消しをしよう」と思っている可能性もあります。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数がアップしたり、サイトの存在感を示せるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いと言う事はそれだけ入社後に厄介事が降りかかる覚悟をしなければいけないといえるでしょう。そもそも、いい会社だったら煙すら立ちませんから。

看護師|転職のための活動を行っていて面接で「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。

転職活動を行っていると面接のときに「志望動機」「転職理由」の2点について、必ず尋ねられます。このうち志望動機に限っては、率直に話してもOKですが、これとは異なり転職理由についてストレートに伝えるのは問題です。給料に関する不満、人間関係に対する不満など、面接官に悪い印象を与えるものです。もっとも、自分の得にならないことをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しがちなので、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。これに対抗して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。それにプラスして、この企業に入ってこんな仕事をしたい、5年後、10年後はこんなことがしたい、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、志望動機に話題を変えてしまいましょう。

3日ほど前転職活動の一環として人材紹介会社へと登録に出向きました。

転職活動の一環として人材バンクに登録に出向きました。そのときカウンセリングをするために出てきた担当者の雰囲気が見たところ新入社員のようで、こちら側が説明していることの50%ほどもわかっていないようでした。それでいて「キャリアデザインが甘いですね」とか「きちんと自分の強みを考える必要性があります」とか、一丁前に横柄にしゃべるからとても不快な気分になりました。カウンセリング担当者はそこそこ仕事の経験がある方にするべきだと思います。

転職活動の最後の難関として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動を行う際の最後に残る厄介な問題として、今勤めている会社の退職があげられます。転職先の会社から採用の内定をもらえても、現在勤務している会社が、あなたを離したくないと引き留めようとするはずです。もしそうなってしまったら、何としても退職する、という強固な意思を保つことが必要といえます。仮に引き留められ、一時的に残ったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。会社の規定をチェックし、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届をつくります。そのあとで、決定権を持っている上司と直接話をし、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と堂々と伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動で大切なポイントとなります。