仕事を始めてすぐはすぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

  • 新しい就業先では「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。中でも、一年目の段階ではほとんどの場合研修期間が入っていることも多いものです。自分の転職では、四苦八苦して転職して予想とは裏腹に年収が前職とほとんどイコールということがありました。それに加えて、業務はかなりキツく、たいへん責任が伴うものだったので、初年度は本当に骨が折れました。ではどうすればいいのか、転職1年目は、仕事を学ぶ年と割り切り、もっというと転職する以前に貯金をしておくべき、と思います。
  • 新卒で入社した会社を離れ、転職することになりました。

  • 新卒採用で入社した会社を辞め、悩んだ結果、転職しました。当初はとても悩みました。ですが、数年で会社を辞めて、中途採用で働いている人がほとんどだということを自らの転職を通じて感じいつの間にか悩みが消えて、気持ちが楽になりました。転職を経験するとふしぎなことに肩の荷が下りるような気分になり、「本当に自分のしたいこと」を見付けるのが毎日が見違えるように変化しました。いまだに「続けてこそ意味がある」というような転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、それが必ず正しいとは限らないと感じました。私の転職活動は転職してみるも大事だと思いました。
  • 派遣の会社に登録をしています。

  • 派遣会社で働いています。ウェブサイト内で何の気なしに条件のよい仕事を発見して応募しようとしたところ「その仕事はすでに他の人の採用が内定しています」と断られ瞬間的にウェブサイト上から仕事情報が閲覧不能になるのですが、なぜか翌日見るともう一度載っています。これって要するに私ではよくないのだってことですよね。そういうことであれば初めから変に隠さないくらいで正直に伝えてほしいのですが、なかなかそうもいかないでしょうか。はたまた存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?
  • 看護師|就職活動において、年収はとても大事な要素です。

  • 就職活動において、年収は大変重要なポイントです。面接の時、現職の年収と、今後の希望年収額も訊かれるはずです。現実の年収より多く言って、転職先の年収条件を引き上げてもらおうと考えるのはやめておきましょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出することになるので、もし一時的に騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的にはウソがバレてしまいます。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収を正確に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげれば、現在の年収が400万円の方が、急に年収500万になるようなことは普通はありません。現在の年収が430万円としたら、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくべきです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社できたのを退職しなければならないという事態になることを招きかねません。
  • 派遣社員として働くことになりました。

  • 派遣社員としてある会社で働くことになりました。勤務の初日に派遣会社の営業の担当の人と就業先の近所にあるコンビニで合流する約束だったのですが、営業担当者がどうしたことかコンビニエンスストアの前にいないから中にいるのだろうと考え店の中に入ってみたところ、彼はあろうことか雑誌のコーナーに座り込んでアダルト雑誌のグラビアページを開けて見ているところを発見!こんな担当の方の仕事なんて勘弁だと感じ、その場で声をかけることなくコンビニの外へ出て即座に派遣会社へ辞退の連絡を入れました。