地元記者の要望拒否…「パパ活」吉川議員「会見を拒み続ける」理由!?

この問題に関する私の考えは、すべてブログで発表したとおりである。
7月29日、衆議院議員の吉川赳夫氏(40)は、次のように文書で回答した。地元静岡県富士市の記者クラブから、記者会見の開催要請があった。その依頼に応えた文書である。
吉川氏は、「週刊ポスト」(6月24日号)で、「18歳の女子大生」と飲酒してパパ活をしていたと報じられ、物議を醸している。それによると、吉川氏は「未成年の女の子」と酒を飲みながら食事をした。その後、2人で高級ホテルに移動し、約1時間半ほど滞在したという。女性は本誌の直撃取材に対し、ホテル内で生々しいやり取りがあったことや、4万円の小遣いをもらっていたことを語った。
当初、吉川さんは強気な姿勢で臨んだ。週刊ポスト」の取材に対し、「女性に金銭を渡したことはない」「事実無根の記事を雑誌に掲載されないよう、事前に表明する」と述べていた。
しかし、同誌の記事は非常に詳細であった。証拠」となる写真が多数掲載され、女性の具体的な証言も載っていた。吉川さんは、すぐに所属していた自民党を離党した。
[大学1年生なんですよね?
吉川氏は議員辞職を否定しているが、1カ月前から「雲隠れ」し、表舞台から姿を消した。説明責任を果たさない姿勢に県内外から批判が集まると、7月15日に自身のブログに5,200字の反論を掲載した。食事した女性は「都内のクラブ」の従業員で、「大学1年生」「18歳」との持論を記した。
大学一年生」「18歳」ということですが、バーで働く女性は身元を知られたくないなどの理由で、正確な年齢や所属、出身地などを明かさないのが一般的です(中略)私は「なるほど、大学一年生なんだな」と受け止めました。(中略) “と。現実には、私たちはその流れに乗っただけだった。
つまり、部員たちは「女子大生」「18歳」を部内の「設定」とし、「正確な情報」を述べていないことを受け入れていたのである。
さらに、「4万円を渡したが、”パパ活 “のためではない」と主張した。その女性とは「お付き合い」のために食事を共にしたという。食事後、彼女が突然、クラブを休むと言い出したので、『給料の穴埋め』として4万円を渡した。お酒が出るクラブで働いていたため、女性が未成年と判断するのは難しかったと書いている。
吉川さんは、「週刊ポスト」の取材に違法行為があったとして、損害賠償を求める裁判を起こす意向だ。冒頭で紹介した地元記者クラブへの回答書では、これまでの疑問点について、自らの主張を綴っている。曇り」の点については、……参照。
特に国会開会中に潜行したという認識はない。
記者会見を行わない理由は何ですか?
現在、提訴の準備を進めているところであり、裁判の場で主張を明らかにするつもりである。記者会見の要請については、お断りしている。
裁判で国民が納得するような説明があるのか?吉川氏の国会議員としての資質が問われている。