失業保険の給付について、仕事を探していることが必要なのです。

失業保険の給付は、就職活動をしていることを理解してもらわなければいけません。

失業保険を毎月、給付してもらうには、職探しをしていることが条件になります。だとしても、現実は「久しぶりに仕事から解放されたし、少しの間でもゆっくりしたい」と思うのが現実だと思います。というワケで、真面目に求職活動をしているように見せる方法があるので紹介しましょう。毎月ハローワークに行くのは必須ですが、そこで、求人票の閲覧は必ず行ってください。本気で探す気持ちが出ないときは、求人票で職探しをしているフリをして、ハローワーク職員との面談のときに、「自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が意に反してありませんでした」と、相手に告げて、次の機会を探すという手もあります。

以前は看護婦と言った看護師は資格として歴史的にも女性比率が高い…

昔は看護婦と呼んでいた看護師は職業としてどうしてか男性以上に女性が活躍している職場です。ご存知のように気力それに体力をひどく消耗が激しい傾向にあります。ピリピリした現場になりやすく、職場での対人関係がうまくいかなかったり、自分の結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立が取りづらい仕事といえます。実際、上記のような点に行き詰まり、転職希望者が多いのが現実です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足に悩まされています。なので、それぞれの医療機関は看護師を求めている「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望者が後を絶たない状態に拍車を掛けています。

看護師|転職するにあたり、現在働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけない…

転職に先立って現在働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、仮にあなた自身が退職願を出して会社を去る、いわゆる自己都合退職のときは即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認定されてから3か月経たないともらえない。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経てば給付されると思い込んでいる人がいますが、この規則を誤って理解している人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると言い張ってそれが原因でハローワークのスタッフとトラブルを起こしているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、退職者の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するときは、失業が認定されれば即座に失業保険が給付されます。

勤めていた会社で感じの悪い上司の存在に悩みを抱え、最後には…

昔務めていた会社で嫌な感じの上司に嫌な目に合わされ、最後には我慢することができなくなってその会社は辞め、同じフィールドの別の会社に働き先を変えました。その会社では居心地よく働くことができてきわめて充実した日々でしたが、じわじわと会社の債務が増えて、とうとうある会社に経営統合されることとなりました。その経営統合した会社がなんと転職前に働いていた会社で、感じの悪かった上司が再び私の上司になることに。まったく困ったことになりましたが、どうしてこんな縁があるのでしょうか。当たり前ですが新たなる転職活動を始動しています。

生涯初の失業保険をもらう場合、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える・・

生涯初の失業保険をもらう際に、「期間内は自動的に受け取れる」と考える人がたいへん多いですが、それは誤りです。本当は、失業保険の給付を求職活動を行っている必要があり、さらに、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。月ごとに職員に就職活動の状況をきちんと説明して「この人は、まじめに就職活動をしているな」と認められれば、翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。その真逆に、本気で就職活動に取り組んでいないと思われたり、月に一度のスタッフとの面談に参加しない場合は、有無を言わさずに給付の一時停止に至ったり、ときにはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないために充分に気をつけてください。