新しく就いた勤め先で今までに身に付けた能力を活かせられれ…

看護師|新しい勤め先で、過去の資格やキャリアを活かせられれ…

新しい職場で、それまでに培ってきた資格やキャリアを活用できれば、即戦力として高く評価されて、職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。また会社側も、そのような人材は常に必要なので、時期さえ合致すれば、わけなく採用されるでしょう。更に過去の職場と近い仕事内容なら転職すること自体すんなり行くはずです。かと言って、なかなかの実力があるといっても大手企業の事務系、公務員系の募集は、いつの世になっても、相当な難関を突破する必要があります。

安定的な暮らしを求めるべく正規社員を目指している・・

安定した生活を願い「正社員」として働くことを念頭に置いている人がかなりいます。が、役立つスキルを身に着けたりして相当に頑張っているのに正社員として雇用されることが叶えられないこともあるでしょう。契約社員の求人募集があるのに正社員の求人募集以外は気にも留めず落ち着かない日々を過ごしている人は少なくないようです。もしも、正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、非正規雇用者の募集も選択肢に加えてみましょう。契約社員募集の企業のなかには、実力次第で、数年で正規雇用へのキャリアアップができることもあるからです。面接を受けた時に、「正社員登用」のチャンスがあるかどうかをヒアリングしておくと将来設計が立ちやすいはずです。

仮にあなたが転職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」といった形で・・

仮にあなたが転職をするとき、U・J・Iターンで都市部から地方に移って転職したいと考える人も多いです。ここ最近は転職サイトをうまく活用すれば、地方・郊外での求人情報にも容易にアクセスできます。しかしながら、郊外や地方での求人の場合、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないので、その点がマイナスといえます。ですから、転職サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。求人サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもこまめにチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している転職サポートの有無も注意してみておきましょう。

看護師|仕事を変えた際には、大体の場合、前の仕事は美化された記憶となります。

転職後は、大体の場合、以前の会社の仕事は大方は美化された記憶となります。実のところ現在の待遇に不服があるから、前向きに思い切って退職を決め、転職したはずなのに、気が付けばどういうわけか転職後の会社よりも「前職のほうが良かったかも」と思ってくるのです。それというのも当然のことで、前の職場では日々の仕事を把握していて、わけなく日常の業務が淡々と消化できていたのも一番の根底にあるでしょう。ところが、「退職などするべきでなかった」と真剣に後悔するほど、以前の仕事の方が職場環境や全体的な雰囲気が良い可能性もあります。

20代前半までに転職2回で、現在は資格取得のため、派遣社員として働いています。

私は20代までに転職2回で、そして現在、いくつか資格を取得するため、派遣社員として企業で働いています。フルタイムでの勤務ではないため、どうしても毎月の収入は安くなりました。前よりも心と時間に大きな余裕が生まれました。たまに、学生時代にもっと資格を取得し、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。実際にそのような人を見てしまうと無性に羨ましく思ったりもします。今まで私は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、劣等感を感じていましたが、しかし今では、結婚をキッカケに随分と生活そのものが大きく変化し、前よりも明確な進路ができてまいにち充実しています。