看護師|あなたが持つ現在のスキルを有効活用しつつ、就職活動したいと思っているなら・・

あなたが持つ現在のスキルや資格を活用しながら就職…

自分のスキルや資格を武器に就職活動する場合、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種としづらい業種を認識しておきましょう。転職の難易度が低めの業界では、慢性的に人手が足りない「医療・介護」がその最たる例です。医療や介護では、看護師や介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、仕事のきつさから、他の業界に再就職しようと思う場合は、すぐに決めないほうがいいです。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。そのため、安易に考えないことが重要です。再就職をされるのであれば、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと理解しておきましょう。

看護師|再就職をするときに比較的重要となるのが間違いなく「面接」というものです。

再就職する際、重要視されるのが間違いなく「面接」である。大半、面接では、応募してきた人に対し、転職するに至った理由や退職理由などこれまでのキャリアといったことを尋ねてくると思います。そしてほぼ100%、一通りの質問と説明が終わると、今度は、転職希望者から、面接担当者へ疑問に思う点などを質問できる時間が与えられます。例えば、「何か弊社に関して疑問に感じる点はありませんかね?」と聞いてくれるわけです。と尋ねられた際に緊張しすぎて何も聞けずじまいになる可能性もあります。そうならないためにも、面接の前に面接官からの質問に際し、聞きたいことを準備しておくのも良いでしょう。すべてを把握していない職場ですし、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、試してみてください。

再就職しようとする場合書かなければいけない履歴書や職務経歴書について…

再就職しようとする時に書かないといけない履歴書や職務経歴書などにおいては、たいてい、パソコンを用いて作成するのが一般的です。今現在の日本においては履歴書や職務経歴書はパソコンを用いず自筆で準備するというのが当たり前と捉えられている面もありますけど、それは新卒の人たちの就職活動やアルバイトの際に作成する履歴書であって、実は、転職の時は履歴書は手書きじゃないといけないとは言えないのです。手書きの方を良しとする場合もありますけど、そうじゃない会社が徐々に増加していていますので、パソコンを用いて作成した履歴書や職務経歴書でも良い場合はたくさんあるのです。

転職期間中は、趣味に打ち込むことに加え、体力を損なわない生活…

転職期間中には、趣味に時間を費やすほか、体力を損なわない生活を習慣化しておくとベストです。再就職先が決まり、新たなスタートを切ったとき趣味に打ち込んでいたことによって気付かないうちに集中する力が上がります。また体力アップしているために、他の社員たちと比較すると疲れない身体になっている、と認識します。そのため、休職中は自分の趣味に集中することと、体力を維持させるように努力をするのが何より良い事なのです。また、その職場のなかであなたと共通の趣味の方がいれば、話が盛り上がるので、趣味を極めることが転職期間中の時間の有効活用となります。

転職活動中に気を付けて欲しい求人情報は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで・・

転職のため仕事探しをするときに気を付けたほうがよい求人情報は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料がよく、拘束される時間が長めであるというものです。こういった求人内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースがたいへん多いです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、30時間、45時間というように求人の記載内容に時間の併記があるはずです。毎月これくらいの残業が想定されるため、最初から給料に残業代を組み込んでおく、といった仕組みです。(合法です)仮に『みなし残業代50時間込』と記載があれば、「記載時間分の残業代を含めると、この給料がもらえます」という求人になります。ですが、悪質な求人情報では『みなし』をわざと記載していないこともあるので注意をしておきましょう。