看護師|再就職をする場合で行くと必ずと言っていいほど聞かれる・・

転職時の面接でほとんど聞かれるのは前に働いていた会社を辞職した…

  • 転職時の面接で決まり文句のように尋ねられることが前の職場を辞めたのはどうしてなのか、という話ですがこのような質問が出た場合には話の内容を辞めた会社のことにしない方が賢明です。辞めるに至った経緯を中心に話をすると絶対にマイナス面を伴った面接に進んでしまいますから。この話の良い進め方は、どうして前の職場を辞めたかという点をこの会社にどうしても入社したいと思っていたからといった感じの話にできたらベストという感じで、自己アピールもかねて自分が面接している会社に話の内容をもっていくべきなのです。面接を行っている会社の話であれば悪い面ではなく好印象の前の職場を去った理由に変えることが可能です。

  • 友人からの紹介を通じて転職先を探すこともあるでしょう。

  • 知人の紹介をキッカケにして転職の先を探すこともあるでしょう。ただし、転職をした先の労働環境、あるいは労働時間などの大切な部分を知っている人からの口コミだけを信じすぎてしまうのは、あまり面倒なことになるかもしれません。そういうわけは主観が強調されてしまい、どうしても伝える側の主観が入ってしまうから客観性に乏しくなります。要するに紹介者にとって、ベストな職場環境に思えても、、あなた自身には、ストレスだらけの環境、、、という環境だってあるのです。またその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミを過剰に信用しないように、しっかり自分の目でチェックしておくようにしましょう。

  • 自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。

  • 自分自身の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと考えている方は注意が必要です。これは、私が実際に経験したことなのですが、私自身、もともと食べることが本当に好きでそれが高じて、過去には、飲食の世界(レストラン)で勤務していました。そのお店での業務は、そのレストランで担当していた業務内容は、盛り付けやホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌なこともなく楽しんで働いていました。けれども、人間関係のいざこざで嫌になりました。ということが引き金となり、職場を離れたのですが、それと同時に、大好きだった食べることやその店で扱われていた食べ物も嫌いになってしまい、よく似た店にはしばらく経った今も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。仕事を始めた頃は、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分の好きなことを仕事にしたいと思い、それを実現させることは素敵なことです。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、じっくり冷静に見直す必要があります。

  • 看護師|大規模な転職エージェントは、潤沢な案件がある反面、転職希望のライバルも多くなります。

  • 大手の「就職エージェント」ほど、様々な案件を持っているそれに比例するように、転職希望登録者も多くいます。それゆえにあなたが、気になる企業を探し出しても、転職エージェントのスタッフ側が「転職が難しい」と判断すれば応募してくれない場合もありますし、企業から見て自分よりも評価の高いライバルがいると、そのライバルを優先しやすいのです。つまり大手の転職エージェントは、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱いけっこう難しいので、方針を変更して比較的規模が小さいエージェントに対し、候補とする会社や案件を伝え、応募できませんか?と話しをしてみると、自分のために動いてくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも良いと思います。

  • 看護師|転職するなら、仕事におけるやりがいアップと共にそれだけでな…

  • 転職先を選ぶとき、言うまでもなくやりがいのある仕事か考えるとも大事だけどさらに収入が上がることも大事なポイントになるので「年収サイト」というところに登録をしていろいろと調査をしています。同じ会社でしかも同一の職種、経歴であるにも関わらずすごく人によって違いがあることも多数あり、ぶっちゃけて言えば面接の際質問したことがあります。面接をした方も同じサイトをよく見ていたみたいで「高い収入で書いているのは、書いた人間について誰だか察しがついてるのですが、おそらく良いように見せようとしてるんですよ。低い方の給料だと覚悟しておいてください」とのことでした。