看護師|求職活動をするとき、ネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント…

看護師|転職時、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」…

  • 就職活動をするとき、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント」つまり斡旋を行う会社もありますが、もしあなたがそういった業者に登録した結果仕事に就くことができたとしても、失業保険の給付にはつながらないので注意が必要です。ハローワーク以外の機関を使って就職が決まったとしても給付対象にならないので注意が必要。なお、ハローワークを通じて斡旋された会社に就業したときは、就職のための必要なものを揃えるための「一時金」を受け取れることになります。ウェブで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険とは無関係です。これについて知らなければ、失業中に給付金を手に入られないので、気をつけておきましょう。

  • 今がんばっている転職する活動の際に「これまでずっとこのような職場…

  • 今がんばっている転職活動時、「私はこれまでずっとこういう種類の仕事に従事してきました」「過去の仕事では、こういった技術を手に入れました」と成功体験やセールスポイントをがっしりアピールする人はときどき見かけます。ところが、応募し新たな企業で「機会があればこのようなことをしてみたい」「これこれの内容の仕事をするのならぜひ貢献したい」と未来の姿を話して自身をアピールしていったほうがよっぽど効果があります。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

  • 派遣会社に会員登録して仕事をする人が最近では増える傾向にあります。

  • 直接雇用ではなく派遣という形態で働く人が近頃増加しています。仮に自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、トータルのお金(または比率)、自分に入るのかをなるたけ面接の際に聞いておくべきです。派遣業は、人材を必要としている企業に人を派遣してその見返りに、手数料を天引きするシステムで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが少なくありません。5割以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、情報をひた隠しにする業者も多く、ときには、8割も自身の懐に入れ、2割しか労働者に還元しないケースも珍しくありません。なお、面接のときにきちんと答えてもらえないような会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、なるたけ違う派遣業者のもとで登録されることをおすすめします。

  • 就労期間にあるときは、極力社内の人間に気づかれないよう・・

  • 雇用期間にあるときは、可能ならば、周囲にバレないよう(私の経験談ですが)就労期間中に転社の意思表示だけをはじめのうちに周りの人間に言ってみたことがあります。でも、それから、求人サイトを散々あれこれ見ていったものの、思いとは裏腹に転職先も転職時期すら何も決まらないまま、ダラダラと時間を空費する結果に。その一方、当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎや手続き、私の退職予定日などが段々と確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験したあとで、次の就職先を見付けなくてはなりませんでした。

  • 看護師|転職活動では、然るべき準備は必要です。

  • 転職活動する場合、然るべき準備をしておく必要があります。一言で準備といってもたくさんありますが、とくに、「ファッション」を重要だと感じてしまいます。けれども、ここ数年の、面接では、形式ばらない服装がOKなところも多いので、スーツで面接に出向かなくても良い場合があります。会社の設立間もない会社などは、厳格な規則もないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、相手先に良い印象をあたえます。加えて、堅いイメージを与えないのでフランクに話ができるメリットも。そして私服だと、面接中、服装の話もしやすくなるため、うまくいけば担当の人から気に入られる期待もできます。というわけで、これから転職は企業の「創立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業相手の)面接の際はスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。