看護師|転職する際には面接が必須となります。

看護師|転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。

転職時には、面接をすることになりますよね。人事から「転職理由をお聞かせください」といった形で、高確率で質問されます。その場合、いかなる理由があったにせよ、「人間関係」「働く環境」に関しての愚痴を絡めた内容は、なるべく口にするのは避けるべきです。なぜなら、仮にそういった不満を回答すると、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスをダメにしてしまいかねません。面接時にはポジティブな発言がとても大切で、とりあえず「新しい職場においては、自身の能力を十分に発揮し、会社の成長をサポートできればと思っています。」のような未来志向での返答が良い印象を持ってもらえるのです。

転職における面接などに関して面接担当者が名刺を手渡してきたら・・

再就職の時の面接などの際に名刺を差し出されたとしたら、あなたも同じように名刺を相手に差し出す方が良いのか?と悩んだら、ほとんどは渡さないもの、と理解しておくと良いですね。面接に関して言えば仕事内のことではなくて、職に就くための採用活動内のことです。ですから大体は名刺をやりとりする時間とは異なります。それに加えて、あなたは立場上会社の人として出向いているのではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。それゆえに、もしも相手から名刺を差し出されても、こちらの方はもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手の方にあげることは必ずしもないと推測できます。

とある古物商の求人に応募したところ、書類選考をパスしました。2、3日し・・

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考をクリアして面接の日時について担当者から連絡をもらい、にもかかわらず、面接日当日、指定場所へ行ってみると、相手が、面接準備を一切していないとわかりました。しばらく待たされたのち、責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、最初から最後まで、だるそうな対応の状態のまま淡々と面接を終えました。だが、予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、こちらから問い合わせると「郵送で今日送った」と告げられました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未着でまた問い合わせると、意味が分からなかったのですが、「今回はご縁がなかったということで」とこちらが話す隙もないまま電話を切ってしまいました。私はしばらく言葉を失いましたが、素直に、不採用でよかったです。

最近スマートフォンを見ればインターネットの世界では…

近頃はパソコンやスマホを使えばわかるけどインターネットで見られる世界には要するに転職情報を掲載している「転職サイト」が無数に存在しています。その相当な数のサイトから自分に合った転職先というのを見つけたいなら、なんといっても情報を集めることが欠かせません。このような「転職サイト」を上手く使うことで、よりスムーズな転職先探しが可能です。客観性と正確性を持ち合わせた優良なサイトがある一方で、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。使い慣れないうちは、実際に信用していいサイトであるかをよそと比較しながらしっかりチェックしてみましょう。

今までは求人情報には、雇用側が求める人材の「性別」…

一昔前の求人誌には、必要とする人材の「性別」まで明確に記載されていました。けれど最近では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、採用において、男女の差別があってはいけないルールが決まり、応募資格の中身に「性別」が記載されなくなりました。それでも、募集情報を出す側は、男性・女性どちらでも等しく雇用するとは限らないのです。ですから、実際は男性が必要な会社に募集に女性がやってきたり、女手が必要な案件に男性が来てしまったり、といった問題もひとごとではないのです。たとえば、「女性が活躍する職場です」の記載がある場合、女性を希望しているのだと解釈しておいたほうがトラブルを避けられます。