看護師|転職のための面接を受けに希望先の会社へ行きました。

看護師|転職における面接にとある会社に向かいました。

転職時の採用面接にとある会社に赴いたときのことですたまたま会社の部屋が空きがないということで外部のとある場所で人事部の方と待ち合わせて面接が行われ、当該会場で解散をして、面接担当者もそのまま自宅直帰されるとのことだったのですが、なんと自宅の最寄駅が同じだったのです。それで電車の中でもずっと世間話をしながら帰宅することになり、おかけで緊張が解けて面接の時よりも込み入った話ができて、それが原因か無事に採用を手に入れることができました。

新しい会社の社員になりたいと転職活動をする場合、「少しでもは…

もっと良い企業がいいと転職活動中のときの場合には「ほんの少しでもはやく、内定がもらいたい」と思ってしまいがちです。が、吉報が欲しいばかりに、自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、また逆に自分を過小評価するかのような行動は出来るだけ避けておきましょう。焦る気持ちを抑え、冷静に、そして客観的に、あなたに適した職場を探すことに専心しましょう。これまでの経歴が生きるように、自分のライフスタイルにも合った転職先を選択してみましょう。

看護師|これから、労働力という観点においてより一層短絡的な作業…

この先、今以上に思考を必要としない労働は機械で済まされるようになりその結果、必要な人手は削減させられてしまいます。なぜなら単純な仕事は人以上に機械でやったほうが数段に利便性にすぐれているからです。数をカウントしたり、同一の作業をリピートしたりすることは機械には何の苦もないのです。もちろん人と違って泣き言は言わないし、疲れないし、ずるもしない、何より正確ですし、均一にこなせます。さらに、人と違って給料も発生しないのです。わざわざ労働力として人間を使う意味がまったく無さすぎるため、機械化の流れは必然ともいえますね。

仕事のために心的に苦痛を感じてしまい、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのなら・・

働いていることで回復が難しいほど精神的に厳しくなって、転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そのときは、職場の人に相談するよりも家族などの近しい存在の人に相談したうえで、会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。どうしてかというと、働くのは当事者であるあなた自身のためでもありますが、同時に身内の問題でもあるのです。毎月、どれだけ高給をとっていても精神がダメージを負ってしまうまで仕事をするのは好ましいとは言えません。現在の社会では、物質的な豊かさよりも、働きやすいことを優先する生き方も段々と増えつつあります。ですから気に病むことなく、家族や、あなた自らの心身の健康を考えていきましょう。

看護師|最初に転職を行うのであれば、気を付けるべきことは「現在の仕事を辞めたい理由・・

最初に転職を行うのであれば、忘れてはならないのは「現在の仕事を辞める理由」をクリアにしておくことです。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておく必要があります。問題を解決できるであろう企業を決めていってください。既卒者の転職活動は、学生時の就職活動とは性質が大きく異なり、現在の仕事を継続しながら転職活動を続けなくてはならないため、時間と体力が必要でしょう。それゆえ理由を明確にせず転職活動をすれば、途中で挫折してしまう場合があります。「必ず転職したい!」「現状をなんとか変えたい!」という感じの強固な気持ちがない場合は、転職活動をスタートするのは保留にしておいた方が良いです。