看護師|転職サイトや転職エージェントを利用して、転職活動すること自体、一般化してきました。

看護師|転職サイトや転職エージェントといったサービスを通じ…

  • 転職サイトあるいは転職エージェントを用いて、転職活動される人は多くなってきました。とはいえ、より転職の可能性を高めたいなら、それと同時に転職フェアを利用するのがいいでしょう。多くの企業が一度に集まるので、参加した際は多くの企業について知ることができ、さらに、説明担当の企業スタッフから、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。仮に、転職フェアに行く機会があれば、面接に行くつもりでしっかりとした考えで参加する事がお勧めです。その結果フェアを通じて、自分の魅力が企業に伝われば、後に応募して面接等に進む時に大きなアドバンテージになるでしょう。
  • 日本には古来より”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

  • 日本には「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが、現在の社会では「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」が一般的な事柄となってきています。でも、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、やたらとそれを選択するのは考えものです。再就職するつもりなら、重要なのはタイミングといえます。最初に、今現在の職場、仕事内容について全般的に、不服に思っている点を箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は箇条書きしてみてください。こうすることによって、再就職がスムーズになるはずです。そして、もし決断したらためらうことなく、より良い仕事を手に入れるべく進めることも大事です。
  • 看護師|派遣として就業しています。派遣法とかのからみで残念ながら…

  • 派遣として勤務しています。労働契約法の関連で残念なことに長く勤務してきた会社での仕事がもうすぐ終わります。同じ派遣の方の中には、派遣先から正社員の待遇を獲得した人もいるのですが採用された理由としてはぶっちゃけた話仕事の能力というよりは派遣先の上司へのごますりがうまくてそれが採用の決め手となった様子。仕事を遂行する能力よりもおじさんに媚びるスキルの方が重要なんだねーと選考に漏れた別の派遣の同僚と勤務先で愚痴を言ってます。
  • 転職を行うとき、前もって、求人雑誌を閲覧したりして関心のある会社を調査するはずです。

  • 転職をする場合、まず、求人票やパンフレット、WEBサイトなどで気になる会社を調査するはずです。とはいっても、当該会社が情報を公にする際には、、コンサルタントが主導していることが少なくありません。コンサルタントは、会社にマイナスとなる情報を隠すプロでもあります。たとえ公開するとしても差しさわりのない表現をします。そのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などの話は、それを事実として見るのではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、期待していたことと全く違うと後々、後悔するおそれがあります。たちの悪い会社は、素直な人間を取り込み、その後は、あれこれ理由をつけて辞めさせないようにするかを考えている。このようなブラック企業には注意が必要です。
  • 例えばあばたが、現職からの転職を決心をしたのであれ・・

  • 一度あなたが、転職を思い立ったのなら、あくまで一緒に働く人には内密にそれを教えないように首尾よく転職活動していき、転身先が決まっていない間は、可能な限り周囲に気づかれないように通常通りに業務をこなしていくのが正解です。現職中、これを徹底することで、万一条件にあう働き先がすぐに見付けることができなくても、転職時期を先送りにしつつ、現職にそれまで通りに続けることもできます。でも迂闊にも「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、同僚はその言葉を受けた態度をします。また会社内で「辞めるつもりです」と言ったが最後、周囲には「あの人は退職する予定の人」と確定します。しかしもしも、転職の気持ちが消えて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と手のひらを返しても、「一度は退職しようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍しているあいだ、肩身の狭い思いををする可能性が高いです。