私は、将来結婚できるのかな・・そして、結婚相手が見つかるのか・・…

私は、いつ結婚できるのだろうか・・また、相手が見つかるだろうか・・・・

  • 私も周囲の人たちみたいに結婚できるのかな・・そしてまた、結婚相手が見つかるだろうか・・・というような、自分だけでは解決のしようがない漠然とした不安を感じながら生きていました。でも、今は前向きに結婚活動に取り組むことができるようになったので、ときには苦労もあるのはありますが不安は少なくなっています。婚活をしてみようと思った当初は、自分自身が結婚活動の具体的な仕方を知らないことでした。婚活という単語はよく見るようになった現在も何をするのかまではほとんどの人が知らないでしょう。婚活のやり方について調べてみるとインターネットの中で相手を探す、ということも普通にありました。私は、今まで婚活の詳細を知らなかったので、普段の生活で出会った異性と恋愛し、結婚をするのが普通だ、としか認識していませんでした。婚活専門のマッチングサービスがネットには存在するなんて、微塵も想像していませんでした。

  • 結婚活動をしていると、実に興味深いと感じる相手と出会うこ・・

  • 長い間、結婚活動(婚活)を続けていたら、実に興味深い男性との出会いが意外とあります。なかでも、特に強烈だったのが婚活イベント中というのに、家族と事あるごとに連絡している男性がいたことで、本当に驚きました。家族のきずなが強いことは、いいことだと思いますが、婚活イベント中だというのに、わざわざ連絡する必要があったのでしょうか。その男性の初めの印象は悪くなかっただけにそういった一面を見ていなければ、彼にアプローチしていたと思います。ですが、常に連絡をしている姿を見て、婚活にまったく集中できなかったし、段々と気持ちが冷めていきました。こういった人と結婚したら、結婚生活よりも自分の家族を優先しそうで、ご縁がなかった、ということにしました。今振り返っても、今でも後悔はしていないです。

  • 婚活真っ最中の私の友人のなかには、婚活が目的で開催されているパーティ…

  • 婚活中の私の友達のなかには、婚活が目的で開かれるパーティーを熟知している子がいます。毎週のように婚活パーティーに参加していて、累計で100回はこなしているという女性です。毎週必ず、パーティーに出ているわけですから、もちろん、その子はシングルです。たくさん出ているというのにその子が、なぜ今でも結婚できていないのかというと、結婚相手を見つけるよりも、パーティーで参加者の中で人気ナンバーワンになることにモチベーションアップになってしまっているから。もちろん初めのうちは、彼女も結婚のためにパーティーに参加していたのですが、美人なことが幸いして、男性からの支持が集まりやすく、だんだんどれだけ多くの男性に選んでもらえるかの方が大事になってしまい、婚活は後回しになってしまい、男性に気に入られるのが主目的になったといいます。そのため、現在は独身のままです。

  • 近年の婚活の市場では、男性の年収が300万円前後の場合は…

  • 最近の婚活で相手を探しているのなら、年収300万クラスの男性については、資格持ちの女性、結婚後もバリバリ働ける女性が有利になります。一方、500万円クラスだと、アルバイトレベルでも「私も家計を支えるために働くつもり」と、専業主婦にはならないという気持ちを見せて相手からの信頼を勝ち取っておきましょう。さらに上、つまり700万円を超えている場合は、完全に専業主婦として、子育てに向き合うを真面目にすることを訴えること。こういった対策をしていくと相手は自分の将来に安心感を感じ、パートナーとしての信頼を得やすいのです。それに、効率的に女性側が婚活の選択肢を増やせます。

  • 婚活でやっているパーティーに参加したとき、なるべく多くの男性に気に入ってもらうには・・

  • 婚活が目的のパーティーに参加した際に、なるべく、たくさんの男性に好かれるためには、自身の立場が有利となるパーティー、及び、自身の長所を知ってもらいやすいイベントを選ぶ事がかなり重要です。婚活のニーズが高まっているこの頃は、職業や年齢、そして結婚歴の有無などのカテゴリをはじめ、様々な条件で絞った婚活パーティーが開催されているわけですが、男性が女性を探す際、優先順位にくるのが、やはり年齢です。仮に、30代半ばの女性が高収入な男性の参加に限定された婚活パーティーに行っても残念ながら、良い反応はもらいにくいですし、年齢制限が設定されない婚活イベントでは、圧倒的に若い子の方に人気が集まる傾向があります。ですので、30代の女性は、成功確率をあげるためにも、できるだけ参加女性の年齢層が高いイベントに出るほうが良いです。年上が多めのイベントであれば、相対的に若くなるので、あなたが注目される率もアップしますよ。