転職を度々しないための対策が一つだけあります。

転職を繰り返さないための対策は至ってシンプルです。

退職と転職を繰り返さないための対策は至ってシンプルです。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的に成長すると、転職を繰り返さなくなります。現在はネットがいつでも使えるので、精神面を強くする自己啓発系の情報はとてもたくさんあります。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは無関係な「とある行動」によってもメンタル面を強化することができます。その行動とは、ズバリ外国に行くことです。海外に旅行に行くと言語、文化、生活様式など、違うことばかりなので、すべてのことが良い刺激となります。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。帰国してみると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え(転職のための)面接に行けば、今までとは違って自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。ですが、退職して間もない頃は精神面がもろくなっている人も多いので今後のために休みも必要です。

看護師|女性が転職する時、一昔前と近年とでは多少の変化があるといいます。

女性が転職する場合、一昔前と今日とでは少し違いがあります。かつては面接の場で、「結婚の予定」や「出産後の予定」などに関して、当たり前のように質問されることが珍しくありませんでした。ですが、現在はそのような内容は、セクハラとして聞かない企業の方が多くなっています。とりわけ大企業ほど、NG質問として全面的に避ける傾向にあります。しかし実際、会社側としては、YES・NO、で返答するのではなく、その人の考え、結婚後は退職するのか、出産後は時短で働きたいなどを当然、知っておきたいと思っています。あなたの将来設計を知ってもらうためにも、志望動機・自己PRと並行して伝えることで、相手方にも考えが伝わり、安心してもらえると思うのです。なので、たとえ、聞かれていないことでも、あなたの方から気遣って答えておくとよいでしょう。

看護師|転職の際の面接では、小規模業者だったら大体は「人事」が面接担当になります…

転職のための採用面接では、規模の小さい企業であればその社内の「人事」担当者が面接官になりますが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。例を挙げるとしたら、今後仕事を一緒にしていく現場の一番偉い人、というような役職クラスである部長や課長が面接をしてくれることもあります。とりわけ営業系や事務系といったジャンルでは、資格を介した見極めが難しいですから、きちっと自身を売り込んでいくことがとても必要であり大事なことです。面接担当者たちから「この男はしっかり自己アピールするし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、記憶に残すことが大切です。

看護師|かつての私は、求人情報は「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」に通っていました。

これまで私は、「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」で探していました。その理由は、大手の転職サイトはなぜか都心部にある企業の求人しかないからです。これまでの転職は「ハローワーク」ばかり使用していました。やっぱり、大手転職サイトに掲載されている求人より多少知名度は低くなってしまいますが、昔から地域密着タイプなので探しやすい魅力があります。また、「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」と思われている人が多いかもしれません。でも、有名な転職サイトには掲載されない求人があるので、もしも転職希望の方は、参考までにハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。「転職サイト」を利用した時のような大量のお知らせやメールが送られてくることもありません。

看護師|今からでも転職することを考えているのなら、今現在の職場や・・

これから転職することをするのなら、現在の職場や仕事での不満に思う部分をリストアップしてみる必要があります。当然と思われますが、意外とできてないです。もともと不満なことにガマンできないから転職したいと考えているのは分かります。しかし「ちゃんと現在ある問題点を明確化する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあと、仮に転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後のモチベーションの低下を未然に防ぐことが容易になるはずです。