転職候補に挙がっている会社で見学などがあれば、良い勉強になります。

看護師|転職したい会社での見学に参加すると良い勉強になります。

  • 転職したい会社の見学ができれば、かなり参考になります。そういった会社のなかでも、「職人」さんがいる会社では、職人技を近い距離で見られるので楽しみです。しかし、残念なことに「職人」がいる会社見学は、ほとんどの場合見学者には、いつもの仕事風景を見せてくれることは少ないです。例えると、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働です。この業種では、個人のプライドが強いので入社後でなければ、実際の姿はみえません。そのため、「見学現場=仕事現場」と思わないことが無難です。また、見学時に仕事を体験させてくれる会社はとてもキケンですし、注意しておいた方が良いです。入社すらしてない人には万が一何かトラブルが発生しても、それに対する保証はありません。万が一、勧められてもやんわりと断るのが無難です。

    転職の活動をしている最中は、なにはともあれゼッタイ・・

  • 転職をする活動を行う際は、まずゼッタイに自分自身の心のうちが静かであることを強く意識しておきましょう。在職中に転職の活動を行う場合はあんまりそうでもありませんが、退職の後に行う場合にはやはり心が焦燥感が出るものです。その点を踏まえ、気持ちを抑えつつ、活動を続けましょう。今後、自分がやってみたい仕事や、思い描く理想の職場などを具体的にしてみてください。そのイメージを実際の職場とのそれらが合致しているか否か、落ち着いてしっかりと見極めることが重要なのです。そうすることで、転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

    看護師|転職活動で大事なことは希望する企業相手というよりも人事や採用担当の面接係員と・・

  • 転職活動といえば、企業とのやりとりというより人事や採用担当の面接係員との勝負ともいえるでしょう。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、初歩として肩の力を抜いて焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。お見合いをする気持ちで望むと良いでしょう。面接を通じてまず最初にあなたの人柄や人間性を判断してもらうので悪い印象を与える言動は注意し避けましょう。なおかつ良識ある社会人らしく身だしなみや服装を整えながら、ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

    大半は大きな会社は「定期採用」で人材を確保するた…

  • たいていの場合は大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職で入る事はとても難しいものです。そのうえ、都心以外だと転職のチャンスはずっと狭まります。でも、製造業関連においては、地方の工業団地などを製造の拠点としていることもよくあります。さらに、そういう工場に的を絞れば、事業分野の拡大時に「中途採用」を併せて行っているので、そういった好機に転職を検討してもいいかもしれません。そのためには、地方の工場での転職を希望される場合は、希望する企業の情報をまえもって収集しておきましょう。ホームページを覗いて、人員募集の有無など、忘れずにチェックすると良いでしょう。

    看護師|仕事の面接で着用するビジネススーツの色に関しては、新卒の方が就活の際・・

  • 仕事の面接で必要なスーツの色は、新卒の就活の際にに身に付ける色味がベストです。言い換えると、紺や黒といったようなダークな色になるわけです。それが、再就職であっても、ビジネススーツの色はこういったようなダークカラーが大方を占め他の色を着用している方はほぼ見ることはありません。あえて言うならば、グレーを着ている方がわずかにいるほどです。全体から見ても紺や黒がほとんどです。ですから、面接を行う人事担当の方からも黒や紺のスーツが違和感なく感じるので、見た目の印象という面ではおすすめしたいのです。