転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

転職する際には面接が必須となります。

  • 転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。面接官から「転職の理由は何ですか?」という風に、ほぼ訊かれます。この時、どんなに正論だと思っても、以前の職場の労働環境や人間関係が良くなかった回答などは、意識して口にしないことをお勧めします。なぜなら、此の様な内容の話は、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスを無駄にしてしまいかねません。面接時は、「前向き」な姿勢を見せつづけることがとても重要です。本心とは違っていても、「新しい職場で、自分のキャリアを十分生かし、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、のような未来形での話ぶりが担当者の心証はよくなります。
  • 転職の面接などの場面で担当者が名刺を渡してきた時、自分も同様に名・・

  • 再就職の面接などの場面でもし名刺を差し出されたとしたら、同じように自分も名刺を渡した方が良いのか?渡さないほうが良いのか?と迷ったときは、たいていは差し出す必要はないと思っておいてください。転職のための面接というものは仕事ではなく、仕事を得るための採用活動の一環なので、一般的に名刺をやりとりする時とは違います。重ねて、会社の者としてその場にいるのではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。なので、もし相手から名刺を差し出されても、こちら側はもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手側にあげる責任はないと判断できます。
  • 看護師|ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考に受かりました。その…

  • とある古物商の求人にて、書類選考をクリアしたため、先方から、面接日時を教えてもらいました。だが、当日行ってみるとどうしたものか相手が面接の用意を全くしていないとわかりました。しばらく待つと、責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、だらしない態度を見せられ、面接が終了しました。でも、予定日になっても結果連絡が一切来ず、もどかしくなり、私のほうから問い合わせてみると、「結果は郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達なのでまた問い合わせると、なんと、「今回はご縁がなかったということで」と一方的に電話を切ってしまいました。私はしばらく言葉も見つかりませんでしたが、とりあえず採用されなくてよかったです。
  • 看護師|最近パソコンで調べればインターネット上では、要する・・

  • いわゆるスマートフォンで調べればネットで見られる世界では今では「転職サイト」と呼ばれるものが数多く存在しているのをご存知でしょうか?その無数のサイトから自身に合った転職先と思えるのを見つけるためには、最初は情報を集めることから始めましょう。こんな転職サイトをうまく利用することで効率的な転職先を探せます。最新情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される役に立つ「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。はじめは、信用に値するサイトかどうかをよそと比較しながら確かめてみてください。
  • 看護師|一昔前の求人誌には、募集条件の中に「性別」について・・

  • 今までは求人情報では、募集条件の中に「性別」が、当然のように書かれていました。しかし、男女雇用機会均等法の施行等により、雇用時、男女差別があってはならないルールができて、募集要項の条件に男女の文字を見ることはなくなりました。とはいえ、募集情報を出す企業は、性別関係なく等しく雇用のチャンスを与えてくれるとは限りません。そのため、本当は男手が必要とする案件に女性が募集にやってきたり、女手が必要な案件に男性が来てしまい、といったトラブルは誰にも起こり得ます。もし、「女性が活躍している仕事場です」なんて書かれている求人募集の場合は、雇い主再度が「女性」を必要としている、と解釈しておいたほうがトラブルを回避できます。