転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら・・

これから転職活動を考えている人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は…

今から転職される人で次までの仕事にまだ期間がある方はぜひ「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。失業手当はあなたが勤めている会社側でもし「雇用保険」を払っているのなら、申請をすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。詳細の受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。しかし自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、勤めている会社都合での退職や、残業時間によっては、すぐに受け取れることもあります。受け取れる「失業手当」の額は、最後に働いた月の直近の給料をもとに失業手当の金額を計算するので企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

転職するときは、いろんな経路で情報を集めるのが通常だと思います…

転職する場合は、様々な経路で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトは本当に役に立ちます。少し前に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めた(辞めさせられた)社員の報復としてそのような口コミが投稿されているとみるのが一般的ですが、裏を返せば、書き込みの内容が嘘であれば、会社としては気にする必要はないはずです。しかし、実際は『クロ』で「真実が知られてしまっては困るから、一刻も早く火消ししたい」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、好ましくない口コミが多いというのは、その分入社してからトラブルに遭遇する確率が高い、と判断して良いでしょう。人もそうですが、良い会社だったらトラブルとは無縁です。

転職活動中に、面接時に高い確率で尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしていて面接のときに「志望動機」「転職理由」の2点は高い確率で質問されます。このうち志望動機については、正直に話しても差し支えないですが、これとは異なり「転職理由」を正直に話すのはオススメできません。たとえば給与の不満、上司と相性が悪いことなど、面接官によいイメージを持ってもらえるものではありません。たぶん、過去のトラブルを開けっぴろげに話す人は少ないとは思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しやすいので、慎重に質問してくると考えておくべきです。現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。さらに、「入社後、〇〇をしていくつもりです」、5年以内にこんなゴールを達成したい、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。

看護師|一昨日転職の準備をしようと人材紹介会社に登録に行きました。

昨日人材会社へと登録に行きました。そのときカウンセリングに出てきた担当者が見た感じ大学卒業後まもない社員のようで、こちら側が説明していることの半分ほども彼は理解していないように思えました。それなのに「キャリアデザインが物足りないですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化することが大切です」等、ベテランのように横柄にのたまうのでとっても不愉快でした。カウンセリングを担当する人は多少は能力のある方に、してほしいものです。

看護師|転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない問題として…

転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない難問として、「現職の退職」があげられると思います。転職先が決定したとしても、現在、所属している企業があなたを引き留めようとするかもしれません。そうなってしまった場合、困難に負けずに退職する、という強い信念を維持することが大事といえます。仮に引き留められて留まった人でも、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届をきちんと作成しましょう。そのあとで、決定権を持つ上司と談判し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、(毅然とした態度で)伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動を成功させるためには必須です。