看護師転職

看護師転職

転職をする時に見る求人情報というのは、一般的なものとし…

職を変えようとしようとしている時に閲覧する求人情報というのは、基準的なものとして、アバウトに載っている、という可能性もあり得ますので、記載されている情報は100%正しいものだと思い込むのはやめておいたほうがよろしいかと思います。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給与の額などに関しては、一般的なのか?最低限もらえる金額であるのか?最高の給料であるのか?というような読みができない人はたくさんいて自分の勝手な判断で解釈してしまうと、今後、後悔することになることもあります。
看護師転職

看護師|転職のための面接を受けに希望先の会社へ行きました。

転職の面接に希望先の会社へ行ったときのことです。たまたま会社の会議室や応接室が空いていないというわけで社外のとある場所で面接官と待ち合わせで採用面接が行われ、当該会場で解散し、面接官も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、奇遇にも下りる駅が私と一緒だったのです。
看護師転職

自分が求職中のころかなり複数の人材紹介会社に登録していました。

自分が求職中のころ割とたくさんの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職のアドバイザーのレベルに関しても色々あってその多くは不満を感じる担当者でした。こちらは人生の大事な事なのにもっと一生懸命に向かい合ってほしいという願いが積もり、その事がきっかけでキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。
看護師転職

転職候補となる採用面接での、多数の人が考え違いをしているのです・・

転職の際に外せない面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのですが良い印象を与えたいと無理に猫かぶりすることは、正直に言って採用を勝ち取れないこともあり得ます。そうなる前に猫をかぶるよりも面接の際は「報酬」など、多くの人がかなり質問しにくい内容を勇気を持って訊いておいた方が、最終的にあなたのためになります。
看護師転職

看護師|あなたが持つ現在のスキルを有効活用しつつ、就職活動したいと思っているなら・・

今ある自分のスキルや資格を有効活用しつつ、転職活動を考える際は、比較的、再就職しやすい業界と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を理解しておきましょう。転職がむずかしくないジャンルは、たえず人手不足である医療や介護系の業種がとても有名ですね。
看護師転職

失業した人が受け取れる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になります・・

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業している間もらえるが、給付される期間が決まっています。それまで働いていた期間に応じ、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、中には知らないで失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから急いで仕事を見つけようとしても条件のよい仕事を探すのは難しいです。
看護師転職

転職候補に挙がっている会社で見学などがあれば、良い勉強になります。

転職候補に挙がっている会社で会社見学などがあれば、非常に勉強になります。とりわけ、「職人」がいる会社は、スキルを間近で見られるのでワクワクします。でも、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者にはほとんどの場合、日常の仕事風景とは違っているものです。例えると、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。
看護師転職

看護師|転職の予定があるのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

仕事を始めてすぐは「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。ことさら、入社したはじめの年度は、大概試用期間を含んでいる会社が多いものです。自身の転職したときは、尽力して手にした仕事なのに、予想に反して以前いた会社での年収と大方イコールでした。それに、仕事内容は多忙を極め、責任のある立場で、初年度はとても苦労しました。
看護師転職

看護師|転職する際には面接が必須となります。

転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に面接官から「転職理由は?」と高確率で質問されます。こういった場合、どれだけあなたが間違っていなくとも、前の仕事場での「人づきあい」「働く環境」に関しての愚痴を絡めた答えは、可能な限りするべきではないでしょう。なぜかというと、そのような不満を口にすると、採用されるチャンスを棒に振ってしまいかねません。
看護師転職

看護師|転職サイトおよび転職エージェントを活用して、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用して、転職活動を行う人はかなりいるはずです。とはいえ、転職先を確実に見つけたいのであれば、それと同時に転職フェアに行くのがよいでしょう。転職フェアでは、複数の企業が集まるので、そこに足を運ぶことによって多くの企業に関する情報を得ることができ、その上、説明を担当するスタッフから、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。