LINEをPCで使ってメッセージや写真を送る

PC版LINEは、左メニューから「トーク」を選択して、トークルームをクリックするとトークの内容が表示されます。メッセージは右下の入力欄から送信します。LINEはトークからメッセージや写真、ファイルを送受信してみます。PC版LINEを起動すると、トークの内容がスマホと同期されてメッセージのやりとりができます。

PC版LINEでLINEグループを作成することもできます。「グループ作成」をクリックすると別ウィンドウが開くので、友だちにチェックするとグループに追加されます。あとはグループ名を入れて「追加」すれば、新規グループの作成完了です。グループの画像はお好みでどうぞ。

PC版LINEのトーク画面で写真や動画・ファイルを送受信することができます。入力フォーム上のクリップマークが「ファイル送信」で、ここをクリックして送信するファイルを選択すれがOKです。音声通話は、まず通話相手の友だちのトークルームを開き、メッセージ欄右上にある「無料通話」の受話器マークをクリックしてください。「音声通話しますか?」と表示されるので「確認」をクリックします。

人気のコミュニケーションアプリ「LINE」には、スマホ版以外にパソコンでLINEを使うことができるPC版LINEが存在しており、無料でダウンロードできます。PC版LINEの使い方はスマホ版LINEとほぼ同様で、LINEの無料通話やトークはもちろん、友だちの追加やグループ作成、アルバムの作成も可能です。

自分のスマホで撮った動画は自分のPCにつないで取り込めますが、他人のスマホから送ってもらう場合は、スマホアプリ版ギガファイル便のようなファイル転送サービスを使わないといけません。最近はスマホで写真や動画を扱う機会が増えました。仕事で使うことも多いので、スマホで撮った写真や動画はPCに取り込んで編集しないといけません。ただし、大容量のファイルをスマホから送る場合は、方法を考える必要があります。

スマホで撮った写真や動画を送信するのって、結構めんどくさいですよね。でも、PC版LINEを使うと簡単に大容量の写真や動画をやりとりできます。容量は1GBまで可能なので、よほど大きいサイズでない限り、LINEだけでやりとりが可能です。トークだけでなくファイルの送受信にも便利なので、ぜひ仕事でPC版LINEを活用してください。

また、LINEで仕事の打ち合わせをしたり、LINEグループを複数運用している場合は、外出時はスマホ、仕事中はPCという使い方ができます。キーボードの方が文字入力も早いし、写真や動画、ドキュメントファイルのやりとりも簡単です。